ロシアのウクライナ侵攻、在留邦人の現状 国外退避を阻む未接種問題も?

ロシアのウクライナ侵攻、在留邦人の現状 国外退避を阻む未接種問題も?

    ロシアのウクライナ侵攻、在留邦人の現状 国外退避を阻む未接種問題も?ロシアは2月24日、ウクライナに対する軍事侵攻に踏み切り、ロシア国防省はこれまでに11の空港を含むウクライナ軍の80以上の施設を攻撃したと発表した。攻撃はロシアに隣接する東部地域だけでなく、首都キエフの郊

ロシアのウクライナ侵攻、在留邦人の現状 国外退避を阻む未接種問題も?

    

 ロシアは2月24日、ウクライナに対する軍事侵攻に踏み切り、ロシア国防省はこれまでに11の空港を含むウクライナ軍の80以上の施設を攻撃したと発表した。

    攻撃はロシアに隣接する東部地域だけでなく、首都キエフの郊外や南部などの軍事施設にも及び、民間人の死傷者も複数出ているという。

    

キエフ近郊の街でもロシア軍による攻撃の影響で黒煙が確認できる 

 現地には今も在留邦人120人が取り残されている。

    いま、現地では何が起きているのか――。

    「文春オンライン」は24日夜、ウクライナ在住邦人の男性に電話で話を聞いた。

    

 ウクライナ・キエフ在住の山本幸一さん(仮名・50代)。

    山本さんは仕事の関係で2000年にウクライナに移住。

    現地女性と結婚し現在、ウクライナを拠点にロシア、アルメ二ア、ヨーロッパなど近郊の国々と日本との文化交流に関わる仕事を行っている。

    今後の生活、仕事に影響を及ぼすことから匿名を条件に取材に応じた。

    


キエフ中心部を走るウクライナ軍の車両 ©時事通信社

◆◆◆

まずはロシア人に何が起きているのかを知ってほしい

――日本に今、伝えたいことは何でしょうか?

山本 2014年にウクライナのクリミア半島をロシアが独立自治共和国として認定し、実行支配するという問題が起きました。

    それをきっかけとして東ウクライナのドンバス地区も独立し、ロシアの庇護下に入ることを望んでいて、そのことが8年近く火種になっています。

    これまで、ウクライナ軍部やたくさんの志願兵が命がけで領土を守ってきました。

    

 今回こういう事態になって世界的に注目されていますが、どうしてもウクライナ1国でロシアに対抗するのには無理があります。

    まずはとにかくロシア人の人たちに現実を知ってほしいです。

    プロパガンダやフェイクニュースが多く、ロシア人の中にも今、何が実際起きているかを知らない人も多いと思います。

    国内は情報統制されているので、正確な情報が届いていない。

    SNSやインターネットを介して、正しい情報を国内外のロシア人と共有して、声を挙げてこの状況を変えてほしいというのが私たちの現在の願いです。

    

首都・キエフ封鎖の情報も…?

――山本さんが今いらっしゃるのはウクライナのどちらですか?

山本 南部都市にあるカーミャンシケという街です。

    出張のため、昨日のお昼にキエフから電車で到着しました。

    ドニエプロという大都市から車で1時間ほどの小さな町で、ドンバス地方のドネツク地区から直線で100kmほどの距離にあります。

    

 まだこの街では爆撃音を聞くことはないですが、隣のドニプロ市では爆破音が聞こえるというニュースは報道されています。

    来週の月曜日に帰宅予定でしたが急遽切符を買い替えて、今晩、あと5時間後ぐらいの電車に乗って帰るつもりです。

    ただ、キエフが封鎖される方向に向かっているという情報もあるので、電車が通常通り動くか、たどり着けるかどうかは現状不明です。

    

勧告が出ていたにもかかわらず国外退避しなかった理由は…

 妻はキエフの自宅にいます。

    随時連絡が入っていますが、キエフではドニエプル川を挟んでロシア側の方ではかなり大きな爆破音が聞こえたり、煙が見えたりしているようです。

    戒厳令が敷かれており、基本的に屋外で撮影することは禁止されています。

    見つかれば、「軍事活動に当たる」として警察や軍部から拘束される可能性もあります。

    

――国外への退避勧告はこれまでもでていたと思います。

    なかなかできなかったのは何故でしょうか?

山本 外務省から連絡が来るのですが、配偶者以外の、配偶者の両親や親族には国外退避への力添えをもらうのが法律上、どうしても難しいと言われています。

    配偶者に関しては保護できるとは聞いているのですが、妻の親族のことなどを考えると、なかなか先へ進めない状況です。

    

――奥さんから両親と離れたくないと言われている?

山本 もちろんそれもあります。

    ただむしろ、妻の両親たちは高齢ということもあり、ウクライナという地から何があっても離れたくないんです。

    その意思を尊重すると、妻としても生まれた国を守りたい、両親も守りたいということになる。

    そうなると、私も運命をともにすると考えざるを得ないんです。

    

 今は情報を集めながら、万が一住んでいるキエフの中心部になにかが起きた際には、着の身着のままでも移動できるように準備をしています。

    妻の両親のところへ行くなり、連れてくるなり、何かしらのことができる状況にしたいと言っています。

    

 いま一番心配しているのは通信網の破壊・遮断とそこから始まるパニックですね。

    こうやって電話やネットで話ができるうちはみんな平静を保てると思いますが、通信手段がなくなって連絡が取れなくなった場合に、ウクライナ人たちがどう対応できるかがひとつの鍵になると思います。

    

在留邦人たちの決断はそれぞれ

――他の日本人たちはなぜ国内に残っているのでしょうか?

山本 私の周りにも残留邦人が3名ほどいますが、そのうち2人は現地の家族・親族がいるので残っています。

    もう1人は独身なんですが、私とほぼ同時期にウクライナに来ていて、もう20年をこの国で過ごしている。

    ウクライナに対する思い入れがあるので、この地に骨を埋めるつもりだと聞きました。

    

 他にもお子さんがいる邦人家庭もいくつか知っていますが、1カ月ほど前に大使館から退避命令が出たときに国外に出られたようです。

    みなさん日本から来ている大手企業に勤めている方々なので、企業側からの指示で飛行機などで移動されていると思います。

    当時はまだ通常の航空便も飛んでいましたから。

    

 みなさん「個人的には離れたくない」と仰いますね。

    でも、勤め先や日本人の親族・友人から勧められて、「心配をかけたくない」と。

    「心情的には離れたくはないけれど、離れざるを得ない」と聞いています。

    

――もともと邦人はどのくらいいたのでしょうか?

山本 コロナ前は250人ほどいて、コロナが始まった時点で200人ぐらいと聞いていました。

    大使館から聞いた話だと今は120人ほど残っているそうです。

    そのうちの私を含めた70人近くが退避は希望していないようです。

    

――日本にはいつから帰っていない?

山本 コロナが始まった当初からなので、2018年の帰国が最後でした。

    ウクライナでは1日の新規感染者が2~3万人を推移していますが、もう去年の夏ぐらいから大病の感染症という感覚はなくなっていて、季節性のインフルエンザのような感じになっています。

    

国外退避を阻む「ワクチン未接種問題」

 その頃はワクチンの接種率は5%~10%あるかどうかというぐらいの低さで、みんなかかっていたので集団免疫に達したんじゃないかと思うような状態でした。

    現状はオミクロンもコロナもほとんど話題に挙がってきません。

    

 ただ、領事の方とお話した際には、「現地の方はワクチン接種の証明書がない場合には来日を受け入れられないと思う。

    かなり厳しい」という話を伺いました。

    仮に妻の親族とともに日本に一時退避をするとしても、親族は証明書がないとウクライナを出られないし、ビザが下りない可能性も考えています。

    

――ワクチン未接種であることも日本に来られない理由なんですか?

山本 そういう方もいらっしゃいます。

    ヨーロッパにも行けません。

    2、3日前に調べた時点で、国内のワクチンの2回接種率が30%程度でした。

    

 だからウクライナから避難したい人たちが難民として押し寄せてきた場合の拒否の理由として、「ワクチン接種の証明書がない場合には受け入れられない」ということもあると思います。

    

――仮に奥さんのご両親を説得して退避するとしたら、どう移動しますか?

山本 空路は封鎖されたので、陸路での移動になります。

    近接する諸国が避難民として受け入れてくれるのかもまだはっきりと分かっていません。

    基本的にはウクライナの西側の都市に避難したいということで、そちらへの道が大渋滞している状態です。

    

クリミア併合以降、「怖い」という感覚は麻痺してきている

――ロシア側が侵攻している現場(キエフ)に近づくことへの恐怖はありますか?

山本 そうですね。

    爆撃も含めて怖さもありますが、怖さ以上に「残念でならない」という思いのほうが強いです。

    ただ、これまでも列車で国内を移動する中で、軍服を着た志願兵や徴兵された方と一緒に乗り合わせたり、駅のプラットフォームでもそういった方たちの移動を目にすることはありました。

    

 最近は車で移動しているときも路肩に軍関係の車があったり、列車で移動中には対面の列車に戦車やタンクを乗せていたりするのも見ていたので、怖いという感覚は日本にいるより麻痺していると思います。

    

血の繋がった親族同士だったはずが…プーチン大統領への憤り

 ソ連崩壊以降、ロシア人とウクライナ人は、国は違っても血のつながった親族同士のような関係だったわけです。

    それが互いに血を流す状況に追い込まれている。

    プーチン大統領がそういった行為を実行したことに腹立たしい部分もありますし、それに目をつぶっているクレムリン(官邸)や周り、声を挙げないロシア人に対しても憤りを感じています。

    

――戦地となるのに、山本さんすごく落ち着いていらっしゃるようにうかがえます。

    

山本 22年ここにいますし、実はつい先日もロシアの方に行ってきたばかりなんです。

    コロナの検査もそうですが、入国審査で別室に連れて行かれたりとか、国をまたぐような移動をしているとロシアとウクライナの情勢を肌で感じることも多いので、慣れてしまっているというのもあると思います。

    

 ここ1カ月ほどで、急にロシアがウクライナを囲むように軍を配置して「とんでもないことを始めた」と世界では見られていますが、8年間この状況というのはずっと続いてきました。

    ウクライナ人にとっては8年間継続してきた中で、その一端が激しくなってきているという感覚なので、それほど慌ててもいなかったです。

    「ロシアならやるかもしれないな」という方向での心構えはあったと思います。

    

――今一番心配していることは?

山本 一番私が心配しているのは、侵攻による混乱に乗じて、ウクライナ人による強盗や盗難、空き巣が発生することです。

    これはまず避けられないことだと思います。

    

 これまでも革命や混乱が起きたときは車上荒らしや空き巣、強盗は必ず発生しました。

    国内経済が悪化していますので、そこがやっぱり心配なところです。

    

侵攻そのものよりも“その後”に起こる空き巣や強盗が怖い

――食料やスーパーの状況はどうですか?

山本 緊張状態は続いていたので、もともと買いだめはしています。

    キエフの自宅には水も含めて1週間は問題ありません。

    こちらでは友人の家に泊めてもらっていますが、1週間以上の買いだめがあります。

    

 現地で勤めている方と話すと、お店の中でも買い占めが進んでいてかなりの行列だと。

    一番目立つのはガソリンスタンドの行列ですね。

    見た方によれば30台は並んでいたとのことなので、ガソリン自体も足りなくなるのは間違いないです。

    

 あと、最近は携帯電話などでオンライン決済ができるようにかなり進んできて、現金を持たない傾向ですが、今は銀行でお金を下ろすのにも1日あたり100ドルまでの制限がかけられていますし、一部銀行は機能が停止して混乱しています。

    そういったところで国民の中に不安があると思います。

    ただ、ソ連の崩壊などを経験して、もともと銀行とかに預けることを信頼していない国柄なので、現金を自宅に所持している人も多く、それを狙った強盗の方が怖いと感じています。

    

◆◆◆

 取材の数時間後、山本さんは電車に乗り、愛する妻が待つキエフの自宅に帰宅する予定だった。

    無事家族とは合流できたのだろうか? 山本さんの無事を祈るばかりである。

    

「文春オンライン」では、今回の件について、情報を募集しています。

    下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

    

 メールアドレス:[email protected]

 文春くん公式ツイッター

评论留言

最新评论